「DRAGON’S HEAVEN」 実写パートには「あの方」も参加。見所満載ロボファンタジー

■監督:小林誠
■1988年 ■45分

ゴツゴツザラザラした質感も伝わってくるような独特の絵。
凝った世界観やメカの設定、そしてユーモア。
強力な個性を放つ80年代ロボ・ファンタジー漫画のOVA化。原作の小林誠先生が自ら監督!

私は当時買った原作本を今も所有している。
その巻末にOVAの設定資料がついており、美術設定のページに小林先生の次のような記載がある。

「メビウスの画面に徹するため美術もこのように描き下しています。巻頭カラーの絵が、そのまま動くというのが目的。」

確かに原作の巻頭カラーパートには、フランスのバンドデシネ作家メビウスのテイストがあり、OVAでもそれは見事に表現されている。

アニメ化の際などに原作者が自ら監督をすると、傑作が生まれることが多いと思う。「ブラックマジック M-66」や「AKIRA」のように。
そしてこの「DRAGON’S HEAVEN」も!
小林誠先生のこだわりや情熱が細部にいたるまでみなぎるハイクオリティな作品に仕上がっている。

冒頭は何と実写ロボ・アクション!
そしてこのパートを担当したのは、後に「シン・ゴジ」で日本特撮映画のどん詰まり感を破壊することになるカリスマ・竹谷隆之さんと、惜しくも亡くなられた天才造形師・韮澤靖さんなのである。

声優も豪華。
無骨なルックス&超戦闘能力なのに、裸女子を見て照れたりするのが何ともチャーミングな主役ロボ・シャイアンに家弓家正さん。
そのシャイアンのパートナーの美少女・イクールに、悶絶ボイス界の永遠のプリンセス・皆口裕子さん。(ちなみにキャラデザインは美少女キャラデザイン界の破邪大星こと平野俊弘さん!)
最強の敵ロボ・エルメダインは最強のベテラン・富山敬さんだ。

エンディングで実写パートのメイキングが映り、そのままコメンタリーに突入。プラモ男子のキャッキャ感があふれており微笑ましく楽しい。
そして、ここでは生前の韮澤さんのお声も聴くことができる。

45分という短い時間の中に見所が満載!音楽もいい!非常に充実した内容のかわいいOVAになっております!

  • オススメ度…80/100
  • 無料動画の配信…Youtube
  • ソフトのレンタル…なし
  • ソフトの販売…中古のVHS、泣くほど高いDVDあり
広告


フォローする