『オフィスレディー 明菜ちゃん』 明菜とマッチの80年代エロOVA版『愛・旅立ち』?

■監督:島谷陽一郎
■1984年
■25分

 

謎会社《レッツ》が、トンデモ珍作『女子大生 聖子ちゃん』に続いてレッツトライした「昭和アイドル勝手にエロアニメ化シリーズ」第2弾。
聖子とひろみの次は…そう!もちろんあの2人!
明菜とマッチだ!
スタッフは前作とまったく同じ!微妙なクオリティもまったく同じ!

 

郵便局員の権田原まさひこは(前作の国鉄職員に続き、なぜか男がいつも国営企業勤務)配達中に見かけたOL、中川明菜に一目ぼれ!ホレたぜ!乾杯!

 

 

明菜のほうもまんざらでもない様子。
しかし、彼女は実は友だちの野々村義男の片想いの相手であった…

 

 

そこでさすがマッチ。「裏切れないぜ友だちだけは 言っちゃいけないI LOVE YOU 抱いちゃいけないYOU LOVE ME」…とはまったく全然ならず、海で!部屋で!野原で!時間も場所も問わず、抱いて抱いて抱きまくる!股間の愛の引き金、引きまくり。全弾撃ちつくす勢い。
しかし、そんな肉欲に溺れるある日、部屋の窓の外にいたのは…というお話。

 

 

明菜だけにスローモーション…ではない、中抜き作業を全抜きした驚異のカクカク作画は今回も健在!
このシーンの飛びっぷり。
ジョジョ第5部のラスボス《キングクリムゾン》の「時間とばし」を80年代にすでに先取りしているッ!

 

 

伝奇ファンタジーなフォントで書かれたタイトルも健在!

 

 

トホホ背景も健在!
この絵、ミロの抽象画みたいになっとりますが、パチンコ台です。トホホ…

 

 

そして、前作に続き、今回もスタッフクレジットに「メカニックデザイン」とありますが…

 

 

 

メカ、出てましたっけ?
思い浮かぶのはこのぐらい。

 

メカ1

メカ2

 

出演者も前作同様充実。
主演の中川明菜、権田原まさひこはもちろん、野々村義男 薬丸ひろ子、竹藪鉄矢と、80年代の人気タレント…のソックリさんが《ひょうきんベストテン》ばりに大集合!

 

中川明菜

権田原まさひこ

野々村義男

薬丸ひろ子

竹藪鉄矢

 

まさひこはハイティーン・ブギみたいにバイクを乗り回してカッチョつけつつも、船上で一発やろうとしてブザマに湖に転落!
普通に服を乾かしたり、濡れたまま着ればいいのに、まさかのパン一で帰路を爆走!
明菜はこんな変な大将のどこが良いのだろう?

 

服着ろよ

明菜も普通に乗ってないでなんかつっこめよ

 

また、野々村義男にいたっては、明菜に告る勇気などまったくなく、2人がヤリまくってるアパートの前に、雨の中、ションボリ立ってたり、本物のよっちゃんが見たらションボリすることまちがいなしのダメ男っぷり。

 

 

その上、ホントはチンチン一本入れるどころか、指一本触れるどころか、口さえろくにきけないのに「ヤルだけのことはヤッたさ。いっぺん抱いたけど味が良くねえからそれっきりなんだ。そしたらすぐ別の男をくわえこんでよ。あいつは男なら誰でもいいんだ。」と噓八百のクズ発言をたのきん全力投球!

 

そんなよっちゃんの態度を受けて、嫉妬心、猜疑心に火がついたマッチ!まるで人が変わったように突然DV野郎にチェンジ!
明菜に平手をくらわせた上、組み伏せてボコボコ。フニャチンをなじられるとビール瓶を無理矢理突っこむという愚か者っぷりを披露!

 

 

しかしそんな態度を金八先生によくわからない「赤いきつねと緑のたぬきたとえ」のお話でケジメなさいと諭され、改心したマッチ。
明菜に宿った新しい命と共に『愛・旅立ち』に出るのだった…

 

 

…と、お読みになって頂いて何となくお分かり頂けたと思うが、全作に勝るとも劣らぬ、変てこシーン満載で突っ走るトンデモ珍作。
しかし、このサイトを訪問してくださっている好き者のステキなあなたであれば鑑賞後きっと!マッチならずともこう叫ぶだろう!
そう!
「それがサイコー!」と!

 

「FIN」て…

 

 

  • トンデモ度…100/100 実用度…0/100
  • 無料動画の配信…Only Hentai Stuff .Com
  • 有料動画の配信…なし
  • ソフトのレンタル…なし
  • ソフトの販売…中古のVHSがオークションなどでたまに。見つけたらぜひサルベージを!