「ウォナビーズ」 大ブームを巻き起こしていた女子プロレスがついにOVAの世界にまで乱入!

■監督:長谷川康雄
■1986年
■45分

あーーーーっと!混沌の女子プロレス界に舞い降りた天使〈ドリームエンジェル〉、涙のスリーカウント!ピンフォール負け!
夢に向かって飛び続けたその翼は、掟やぶりの極悪タッグ〈フォクシィレディース〉によって、あわれ喰いちぎられてしまったのであります!
「反則が私たちのルール」とでも言わんばかりの、その狡猾なファイトスタイルはまさにリングの女狐!
おーーーーっと!しかし!仲間の無念を晴らすべく、ここに2人の戦士が立ち上がったー!
アイドルユニット顔負けのキュートなルックスはまさに〈戦う月刊BOMB!〉と言っても過言ではありません!その名は〈ウォナビーズ〉!

80年代当時、社会現象とも言える大ブームを巻き起こしていた女子プロレスがついにOVAの世界にまで乱入!
〈ウォナビーズ〉の2人は、ライオネス飛鳥さん&長与千種さんの大人気イイもんタッグ〈クラッシュギャルズ〉がモデルだろう。
また〈フォクシイレディース〉の2人は、もちろん〈極悪同盟〉のダンプ松本さん&ブル中野さんの大人気ワルもんタッグ。リングだけでなくバラエティー番組への突然の乱入レギュラーとして、スタジオのアイドルやお茶の間をニコニコ震え上がらせていたお2人ほぼそのまんまのキャラデザインだ。

もっとそのまんまなのは、当時、人間界に降臨したてホヤホヤだったデーモン小暮閣下。
〈フォクシーレディース〉のマネージャー役として出演。声も閣下自らがあてておられる。
冒頭に繰り広げられる、地獄の宴のようにデリシャス&デンジャラスな連続反則攻撃シーンの挿入歌は閣下率いる〈聖飢魔Ⅱ〉の「アダムの林檎」だ。

また、「人間山脈」や「戦う七転八倒」「地獄のお茶の水博士」などなど…レスラーたちを表現する独特かつ冴えまくりの造語を駆使した、それまで誰も聞いたことのなかった「あーーーっと!」驚く新しいプロレス実況で一躍アナウンス界のスターになられた古舘伊知郎さんも参戦!もちろん実況アナ役!
「鉄砲水のごとく戦いが始まりまして、さらにフィニッシュは人間スクラップ工場であります!」とか、「ウォナビーズが火の玉となって今まさに、戦う富士山大爆発のごときパワーを見せつける!」など、必殺の古舘節をサービス満点で炸裂させてくれている。

キャラクターデザインは〈ガルフォース〉や〈ナイトセイバーズ〉など、80年代を代表する強力美少女部隊の総司令こと園田健一さんという強力さ。
それだけでなく、80年代アニメっぽく、景気よくSFエッセンスも注入するという掟破りのドーピング!戦う女の園ストーリーかと思いきや、人間をハルクみたいに超人化させる研究で誕生した恐るべきバイオモンスターが登場!ウォナビーズと場外乱闘しまくるのだ!

シーンによって作画クオリティーにバラつきがあるのもご愛嬌。
80年代に爆発的な名声を獲得した人気者たちやさまざまなカルチャーを女子プロレスのリングにムチャクチャに放り込んだような、このバトルロイヤルみたいなハチャメチャにぎやかOVAを観戦しよう!

  • オススメ度…58/100
  • 無料動画の配信…インターネットアーカイブ
  • 有料動画の配信…なし
  • ソフトのレンタル…なし
  • ソフトの販売…中古のVHSがたまにあるかも?
広告


フォローする