『学園便利屋シリーズ アンティーク・ハート 』 夢の理想男子トリオが大活躍のさわやか好篇!

■監督:わたなべぢゅんいち
■1988年
■41分(本編は30分。残りは特典映像)

 

クールでかしこい、鈴木 斉(すずき ただし)!

 

 

ピュアで一本気な本田 高広(ほんだ たかひろ)!

 

 

気配り上手な元ツッパリ、川崎 亨(かわさき とおる)!

 

 

なぜかバイクメーカーの名字を持つ名物トリオの3人は、校内で「学園便利屋」を創設!
悩める生徒たちのからの依頼を受け、どんなに危険な無理難題でもズバッと解決、みんなからやんややんやの熱い称賛を受け、ブイブイいわせて…はおらず、ラブレターの代筆とか宿題の代行とか、来るのはショボいお仕事ばかり。

 

 

そんな中、取り壊しが決まった旧校舎のお掃除代行を頼まれた3人に、次々と恐るべき怪異が降りかかり、ついには幽霊のような謎の美女、沙姫(さき)が姿をあらわす。
古きモノに宿る精霊《アンティーク・ハート》だという彼女の目的とは…?

 

 

数々の同人作家や名物投稿者たちをメジャー世界へ羽ばたかせたマンガ雑誌《ウイングス》にて連載されていた、片山愁(かたやま しゅう)先生の人気シリーズのOVA化。
監督は我らがモンスターマイスター、わたなべぢゅんいちさん。

 

…と言っても、『魔龍戦記』や『妖刀伝』などで全アニメファンをウレショングッショリにさせてくれた、わたなべさん必殺のグチョグチョモンスター描写はジェントルにセーブ!
女子目線の愛すべき夢の理想男子たちがさわやかに活躍する片山愁先生の原作のテイストをキープした、気持ちの良い好篇になっている。
ちょっとブロマンス風味もサービスしてあるので腐女子の皆さんもグッショリ必至だ!

 

 

学園便利屋トリオは、古川登志夫さん、関俊彦さん、平松広和さんという、主役級スター声優が演じておられ、気分を景気よくアゲてくれる主題歌『必殺!学園便利屋ボーイズ』の歌唱も担当という、うれしいアイドル声優システム。
また、いい所が何もないワルモノ生徒役で塩沢兼人さんもチョイ出演という豪華仕様。

 

ビデオの巻末には10分ほど、監督のわたなべぢゅんいちさんと原作者の片山愁先生のスペシャル対談が収録されていた。

 

 

片山先生はちょっとシャイで知的な文化部系女子なたたずまい。可憐だ。
そう!
あの頃、若きマンガ好き&マンガ描きたちに「同人誌で活躍してた、なんか自分たちと近い感じの人がメジャーで単行本を出した!」的なセンセーションをワクワク巻き起こし、みんなの本棚に並んでた、片山先生の初単行本『ブリザード・センセーション』。
その後書きなどで、ご自身のことを「僕」と言っておられたが、今さら言うまでもないが、片山先生は女性なのである。

 

 

いっぽう、監督のわたなべぢゅんいちさんは「この人があのグチョグチョモンスターを…?」と驚くような、おだやかで優しそうで女性への心配りもバッチリな、それこそ片山先生のマンガに出てきそうなステキな眼鏡男子。

 

 

わたなべぢゅんいちさんは、わずか44歳で亡くなられてしまった。
しかし、本作はもちろん手がけられた数々の作品には、絶対に忘れ得ぬ不滅のアンティーク・ハートが宿っている。

 

  • オススメ度…65/100
  • 無料動画の配信…なし
  • 有料動画の配信…なし
  • ソフトのレンタル…なし
  • ソフトの販売…中古のVHS DVDもあり!