「バイオレンスジャック 地獄街編」 ダイナミックにやりすぎな最高のゴアOVA!

■監督:板野一郎
■1988年 ■61分

バイオレンスジャック 地獄街編

原作は、永井豪先生。
「関東地獄地震」とよばれる大震災により、本土と分断され、無法地帯となった関東。
そこに、バイオレンスジャックと呼ばれる、謎の巨人が現れ、凄惨な暴力の嵐を巻き起こす。 しかし、その結果、人々の心に何かを残していく…という大河マンガ。
その中の「地獄街編」のアニメ化。

震災によって地下街に閉じ込められた、一般市民と、暴走族と、そしてモデルの美女たち。
この3勢力の、一触即発の緊張状態の中にジャックが出現。
力の均衡が破られ…という話。

「18禁」である。
そのためか「ちょっとは規制しなきゃね。エへへ」というような、ヤワな姿勢は微塵も感じられない。
原作のハードなテイストを受け継いだ、エログロバイオレンスな、発禁レベルの「やりすぎゴア作品」となっている。
やりすぎシーンを、ちょっと上げてみると…

食糧難で、ちびっ子たちはいつも腹ペコ。
その中の1人が、年下の子に「おいしいゴキブリの食べ方」を伝授!
慣れた様子で、脚をもいで、腹から卵を引き抜いてパクリ!
別のちびっ子は、捕まえたネズミを「うまそうだろ~!」と胸をはって自慢!

暴走族と一般市民が、モデル美女たちを襲撃。阿鼻叫喚のレイプ地獄!むごすぎ!
AV同様、モザイク処理だらけ!

腕を縛られ、口と股間に木片を突き刺されて惨殺された美女。むごすぎ!
ジャックは、命乞いをする女暴走族の両足をつかんで、そのまま股裂きの刑に!
内臓ボタボタ! むごすぎ!

暴走族のボスは仲間の人肉をガツガツと喰らってパワーモリモリ!デビルマンもビックリのメタモルフォーゼ!
昔のロボットアニメの「戦闘空」みたいな真っ赤な画面で、ジャックと血みどろのタイマン!

ほとんど狂気の沙汰である。
監督は「マクロス」の板野サーカスで有名なスーパーアニメーター板野一郎さん。
板野さん、やりすぎです!そして最高だ!

  • オススメ度…95/100
  • 無料動画の配信…Youtube(ノーカットでそのままあり…Youtubeってそんなフリーダムな場所だったのか!)
  • 有料動画の配信…なし
  • ソフトのレンタル…なし
  • ソフトの販売…DVDあり。でも高い!ワシャ、ブックオフで1,500円で買えましたが!
広告


フォローする