「ボディジャック 楽しい幽体離脱」 かわいい絵と声優さんの名艶技。原作:森山塔先生の名に恥じぬ役勃ち度

■監督:童子朗
■1987年 ■30分

ボディジャック 楽しい幽体離脱

原作は森山塔さん。つまり山本直樹さんだ。
森山さんの登場は80年代エロマンガ界にセンセーションを巻き起こしていた。
「絵がうまい!女の子がカワイイ!こんな娘があんなエロいことをしまくってくれるのか!」というありがたい衝撃。
森山さんは美少女エロマンガのパイオニアでありスターだった。早稲田の教育学部を出ておられるというのも驚きであった。

このOVA、絵柄はあんまり森山タッチではなく、当時の流行りアニメ寄りのキャラデザイン。しかしエロさはじゅうぶん森山級!

ストーリーは、幽体離脱装置を使って浮遊霊となり、あこがれの女の子にとりつき、色んな色事にレッツ・トライ!…という地球全中学生のエロ妄想を直球で表現したモノ。

特に、友だちの女の子をプールで欲情させ、まんまと家に上がり込み、汗だくレズビアンプレイ!…のくだりはかなりエロいと思う。

主人公役の二又一成さんをはじめ、他の声優の方々も名艶技。
「やめちゃイヤ…」「おねがいやめないで…」など、万年白帯の私は1度も言われたことがないエロセリフに奮い立つこと間違いなし。

汗ばむ体、密着する肌の燃えるような熱さ、間近で感じる吐息、おさえきれない欲望と罪悪感、親には言えない桃色の秘密…色々入り交じった若い肉の頃の夏のニオイがこの作品にはある。

ちなみにヒロインが怒濤の3Pをしまくる展開がプラスされた18禁バージョンもある。
私は見た。昔。18才以下の時に。
しかし現在はかなり視聴が難しいもよう。ありゃハードでエロかったな…

  • オススメ度…80/100
  • 無料動画の配信…なし?
  • 有料動画の配信…FC2動画(有料会員のみ視聴可能)
  • ソフトのレンタル…なし
  • ソフトの販売…中古VHSのみ(高い!ガーン!)
広告


フォローする